廃人はじめました

MMORPG:Lineageの気になる情報をお届けするよ

リンク切れやレイアウトの不具合等ございましたら、コメント欄より報告いただけると助かります。

☆リネM関連の情報は「廃人はじめましたM」で配信中!

アレもコレも入ってる!スペシャルログインスタンプ:2/12~4/1

イベント・アップデート情報

・3/18~4/1
【オリジン】狩りイベ「アデン国王の狩猟祭」開催。課金アクセをゲットすべし。

・3/11~4/1
【ライブ】恒例の春の大型狩りイベ「Lunar Mystery」開催。時間無制限のうまいイベマで狩りまくれ!

・3/11
【オリジン】ランキングシステム実装。ランカー特典はライブよりも適用範囲が広い!

課金アイテム削除日 スペシャルトッピングアイテム利用期限:2020/3/11
真DKパッケージ関連アイテム:2020/4/15
真デスナイトの遺物関連アイテム:2020/5/13

課金アイテム・キャンペーン情報

・3/25~4/8
【ライブ】経験値箱「成長の武器のキューブ」販売。オマケには期待しないように!

・3/18~4/1
【オリジン】ルームティス/スナッパーの保護強化スクロール販売中。特殊強化は未解禁。

・3/18~4/1
【ライブ】護符スロット装備「オルターストーン」再販中。強化システムが独特なので注意!

・3/11~4/1
【ライブ】恒例の装備ガチャ「ラッキーゲーム」開催中。今回の竜鎧枠は「リンドビオル」。

・3/11~4/1
【ライブ】グレムリンの魔眼・生命のパール・緩衝のポーション再販中。削除は2020/6/24。

・3/11~4/1
【ライブ】祝福チャージアイテム「ドラゴンの宝箱」セット割引販売中。販売期間限定で「最高級宝箱」合成も。

・3/11~4/1
【オリジン】ランク2MDの材料「マジックドールエッグ」販売中。利用期限は4/8まで。

テストサーバー・PSSを使いこなす②:本日のメモ@2020/1/30

※PSSのテレコン+n-teleを使う方法について加筆。

 

本題の前に、ちょびっと動作環境についての情報をば。

・OpenGL3.0環境はアウト
・デュアルモニターにはきちんと対応している
・多重起動は「スペックが許す限り」何窓でも可能
→本鯖実装時に許されるかは知らん!

OpenGL4.0が推奨なのでコイツに対応してないとアウトかな…?
と思ったけど3.1の環境で起動するとかいう話も。よくわからん!
実際遊ぶ上でそんなキワを攻める意味はないっちゃないけど!

閑話休題。

PSS自動狩りガイド後編。
前編はこちら。すでに読んでる前提で続きいくで!

www.haijin-began.xyz

ここまで来た人は「周辺」モードがエエ感じに作動してるハズやな?大丈夫やな?
完全自動狩りに向けた設定はあと3つや!頑張ってや!

今から設定する「アイテム」と「ルート」タブは、右のモード選択を「全体」にしなければ選べないので注意。

全体

「アイテム」の設定

ドロップを倉庫に預けるかどうかと、消耗品各種の自動補充設定を行える。
補充は倉庫に預けたアイテムを優先して使用する。商人の併用も可。

この設定は、雑貨商人前でアイテム量を調整しながらやるのが吉。

アイテム

獲得アイテム設定

オンにすると、帰還時に拾ったアイテム類をすべて倉庫に入れる。
必要に応じてオンにすべし。
単純にゴミが多く拾える場所なら「帰還」タブの「溶解剤の自動使用」も併用すべし。

倉庫引き出し、商店購入

狩り出発前に補充するアイテムの設定。

ここを開くと、デフォルトでいくつかのアイテムが入っていると思われる。
まずはそれらをすべて消すべし。ダブルクリックで抹消可能。
デフォルト登録はすべて「修練」アイテム。初心者ゾーン専用品。
初心者ゾーンで自動狩りするならまだしも、テスト鯖でこれは必要ないからね!

リストがまっさらになったら、上記画像のように使うアイテムを順次放り込んでいく。
補充したいアイテムをドラッグ&ドロップ→個数設定。これを繰り返す。

右の「購入」にチェックを入れると、倉庫引き出しで足りない分を「雑貨商人」から自動購入することができる。
ただしチェックを入れていても、まずは倉庫内の在庫が優先される点に注意。

例によってすべて設定が済んだら「保存」を忘れずに。

「ルート」の設定

完全自動狩りまであとちょっとや!頑張れ!
というわけであと2つやけど実質最後「ルート」。
自動狩りで行く狩場をここで設定できる。

といっても、主要狩場であれば設定は非常に簡単。
最初から用意されているプリセットと、帰還地点を指定するだけでOKだ。
またすこし手間はかかるが、オリジナルのルートを作ることも可能。

主要狩場での設定

触るのは右2つ。上を「行きたい狩場」、下を「補給に使う地点」に設定するだけ。
設定したら「保存」。これで目的地の設定は完了。

ルート

オリジナルのルートを作る「Myルート作成」

やや扱いは複雑になるが、自分で作ったオリジナルのルートを登録することもできる。
プリセットにない推しスポットがある場合は、これを使ってキャラを誘導しよう。

ルートの作成は「自分が通ったルート」をそのまま記録する形になる。
テレポーターや幻想傲慢アミュ、b-tele、テレコン+nteleの利用を挟むことも可能。
BM地点を複数経由させることもできる。

まずは拠点とする倉庫を決め、そこへ向かおう。
倉庫前に着いたら「Myルート作成」と書かれた部分の丸をクリック。

最初にルート名を入力する。
行先だけでなく、スタート地点がどこか分かるような名前がオススメ。

マイルート名

ルート名を入力したらすぐに「ルートの記録」が始まる。
テレポーターやb-teleを駆使しつつ、記録したい場所まで行こう。

また記録中は、右下にこのような窓が表示される。
右のボタンをクリックすると、そこからは「雑魚と戦闘しながらの移動」として記録できる。
目的地まで、道中の雑魚を殴りながら進みたい場合はこちらを選ぼう。

移動ルート

目的地に着いたら左のボタンをクリックしよう。記録が終了する。
最後にPSS窓の「保存」クリックを忘れないように!

記録したルートを使う・削除する

左側、Myルート作成の上にあるプルダウンを開こう。
自分で作ったオリジナルのルートを選べる。
あとはプリセット同様、補給地点を決めればOKなのだが…

マイルート

自作ルートを使う場合、補給地点は必ずルート記録時に使ったスタート地点を指定すること!
別の場所を指定するとうまく動かなくなる。b-tele、傲慢アミュ使用時も同様。
またb-tele、テレコンを連続で使うルートを組む場合、ランテレ条件はすべてオフにしておくこと。
オンのままだと、とんでもない場所に行ったまま帰ってこなくなる可能性がある。

作ったルートを削除したい場合は、右のゴミ箱マークをクリック。
その状態で「保存」すれば反映される。

最後の仕上げ!「メイン」設定

いよいよ最後の確認ステップ。今度こそあとすこーし!

「メイン」では自動狩りの出発・終了条件とちょっとしたオプションの設定が可能。
また帰還スクの所持枚数や、自動帰還設定がされているかどうかの確認もできる。
ランテレ部分だけは何やっても未設定のまま。バグ?

メイン

「出発条件」のHPは必ずONにしておこう。
未設定だと低HPで帰還した場合、再度低HPのまま出撃してしまう。
他の項目はお好みで。

で、もう言う必要もないと思うけど一応!いじったら「保存」な!

いざ全自動狩りの実践へ!

ルートで行先を設定したら、PSSの「開始」をクリック。
あとは周辺狩り時同様、イイ感じに動いているかどうかをチェックしよう。

ダメな場合も周辺狩り時同様、随時調整すべし!

 

…と、クッソ長くなりましたが。
とりあえずこれで「普通のフルオート狩り」はできる…ハズやで!

最後にちょっとだけオマケを。

おまけ

ん…KR版て地面にアイテムもアデナも全部ドロップすんじゃなかったっけ?
現行リネでいうとこのグルラボとか支配みたいな感じで。
手鯖ではJP同様オートルーティング。ぶっちゃけ普段の狩りで床落ちされてもめんどくさいだけなので、これはこのまま来てほしい仕様。

あとクランのエンブレム(旗)、リマスター版だと25×25のサイズまで使える様子。
今のうちにネタを考えておくのもエエかもね!

 

以上、手鯖でのPSS特集+ナニヤラでした。

© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.