廃人はじめました

MMORPG:Lineageの気になる情報をお届けするよ

リンク切れやレイアウトの不具合等ございましたら、コメント欄より報告いただけると助かります。

※6/24 シリウス・リゲル・ユニティの3鯖が統合、「ジリアン」鯖誕生。

祝福100チャージ付き!ログインスタンプ:9/2~10/7

☆リネM関連の情報は「廃人はじめましたM」で配信中!

イベント・アップデート情報(9/23更新)

・9/23
【オリジン】ドラゴンレイド「パプリオン」解禁。従来の「ドラゴンキー」形式で挑戦可能。

・9/16~10/7
【ライブ】手動狩り専用イベ「Investigation of Blood Garden」開催。もみじリングも狙える!

・9/9~10/7
【オリジン】狩りイベ「シュケインの神秘の武器」開催。強力なレンタル武器をOEすべし。

・9/2~9/30
新規・復帰支援アイテムプレゼント「ウェルカムボーナスキャンペーン」実施。

課金アイテム削除日 【ライブ】スペシャルトッピングアイテム:2020/9/30

課金アイテム・キャンペーン情報(9/23更新)

・9/23~10/7
【ライブ】経験値玉+低確率でオマケ「成長の武器のキューブ」販売。

・9/16~9/30
【ライブ】ピュアエリクサー付き「成長の果実」セット割引販売中。

・9/9~?
【ライブ】恒例の装備ガチャ「ラッキーゲーム」開催。「激運の印章」は取引可。

・9/9~9/30
【オリジン】耐久上昇アクセサリー「ペンダント」再販。

・9/2~9/30
「マイビットキャッシュ」利用でリアルプレゼントを狙え!ビットキャッシュ協賛キャンペーン実施中。

相場検索機能アレコレ2

先日のアップデートで調整の入った数々の誰得要素、公式ブログのほうで元に戻す方向性が示されていたので一安心。
後出しで戻しゃ済むって問題でもないっちゃないんですが無いよりはいいですよ、ええ。
というかアラ減少とかこんなモン実装したら引退者続出とか日の目を見るより明らかな気がするんですけども。
ただでさえKRよりアップデートのスパンが長いんだから、もう少しJP運営には頑張ってもらいたいモノです。ハイ。


とまぁそんなハナシは置いといて。
アップデートらしいアップデートな便利機能、相場検索機能についてのオハナシその2であります。
前回は単純に欲しい物を探しだす手順を紹介してみたので
今回はそれ以外のことでも。


まず最初に「商人検索コマンド使えないぞコラ」というツッコミがあったので…
ガードが教えてくれてるんで使えないのはきっと不具合でありNCJのせいであり
ワタクシのせいではありません!

とか見苦しいコト言うのもアレなんで代わりに。
ガードとの会話メニューにある「商人を探す」コマンドを選べば商人検索ができます。
ガード以外にも各エリアに設置されてる「中央移動魔法陣」でも同じことができます。
WS000020
更に更に。
広大な市場マップということで地図にテレポート機能がついてますよ!
WS000023
左下の1~8、中心の各地域、行きたいトコロをダブルクリックすれば
一発テレポートが可能です。

移動機能関連はこんなところで。
次。検索機能云々。
bzelの売買をしてみたいという設定で検索してみましょうか、ってことでポイ。
WS000014
そのまま「防具強化スクロール」を検索するとnzelもczelも全て引っかかるので
「状態」から祝福を指定してやりましょう。
何気に未鑑定装備にこだわる人のための「未確認」なる項目もありますな。
WS000017
塗りつぶしてますがbzel売買やってるキャラの一覧がずらり。
最安販売・最高額買取・在庫が一発でわかるので
あとはゲーム内でガードなりコマンドなりで指名。ンマァ簡単便利。

逆に言えば露店立てる側になった場合は
ライバル露店の有無や価格を調査してないと全然物が売れない可能性もあります。
ってことで露店する時は一度売りたい物の検索をかけてみるといいかも。


次次。
4週間の統計の詳細情報アレコレ。

ゲーム内の検索機能では4週間の詳細な履歴は見れないので公式サイトを利用します。
先ほどの「防具強化スクロール」の検索結果を例にとってみましょう。
 WS000018
商人リストの上の「現在の販売状況~」を「4週間の販売統計~」に。

するとこんな感じでグラフとリストが出てきます。
WS000019
ン?最低価格1って何だ?と気になったアナタ。
もしかしてこの日の平均価格が急に落ち込んだのはコイツのせいか?と思ったアナタ。
気になるんなら見ちゃいましょう、ってことで左側の3月25日の部分をクリックしてみると。
WS000024
露店名こそ出てきませんが取引の履歴が細かく出てきます。
21:51に大人買いしてOEしてた猛者がいるようですがソレは置いといて。
例の販売価格1Aの店は取引数「1」。
この日の総取引数は63なので、平均価格への影響は微々たるモノだと思われます。ハイ。

とまぁそんな分析をして一人ニヤニヤしてみたりとか、
狙ってたアイテムが売れた時間を調べて悔しがってみたりとか、
売買したいけど相場がイマイチわからないアイテムの価格の目安を調べたりとか。
使い方次第で色々読み取れるんじゃないでしょうか。

あと市場のすみっこでこっそり取引を繰り返して平均価格を操作するなんて
悪用も可能っちゃ可能ですが… 
詳細な履歴を見ればある程度不審な動きは見破れるかと思われます。


そんな感じで検索機能その2終了。
なんか面白い使い方思いついたらまたネタにするかも。


おまけ。
先日の象牙にて。
WS000013
 ちょうど名前がかぶって見難くなってますが…
ミミックって2匹いるのね!


↓相変わらず検索使ってないアナタもクリック。
LLランキング  

© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.